大相撲業界ももう終わりか

露鵬と白露山のロシア人兄弟力士の大麻使用疑惑は、
本人たちが認めないまま、再検査の"クロ"の結果を以って、
両力士の解雇が決定しました。

権威ある検査機関の結果を以ってしても、
本人たちがクロの事実を認めないというのは、
スポーツ業界全体から見ても稀な事です。

しかも、「ロシア人」「兄弟」「若ノ鵬の友人」という、
3大キーワードが揃っているにも関わらず・・・です。

灰色はクロではないと、司法の原則がありますが、
今回のケースは、正しい検査方法でクロですからね。


そして、動向が注目されていた北の湖理事長は、
一連の騒動の責任を取って辞任しました。

後任は、武蔵川理事が昇格する格好。


「後任の武蔵川理事側の陰謀だ!汚い!」

これは、解雇を受けた直後の
露鵬の電話インタビューで飛び出した言葉ですが、
露鵬のそれまでの素行が真面目だったら、
もしかしたら、世間に受け入れられていたかもしれません。

しかし、土俵上での横柄な態度や、
新聞記者への暴行の前歴も、彼の発言力を弱めています。


最終的には、相撲という競技団体そのものが、
薬物検査の結果を重んじる格好となってくれましたが、
上記の露鵬の発言などを聞いても、
あらゆるスポーツの常識から
大きく外れた世界だと言う事が分かりました。

陰謀、とまで"口撃"された武蔵川理事が、
今後どのように相撲の名誉を取り戻すのか、
静観していきたいと思います。


posted by はやり者。 at 19:15 | ドラマの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。