セクハラかどうかはどこで判断?

言葉よりも普段の生活態度によりますよね。
セクハラかどうかを判断するのは。


「昨夜遊びすぎたんじゃないの」

上司からの雑談として受ける言葉で、これくらいなら
許容できる女性は多いのではないでしょうか?


「処女じゃないんでしょ」

こっちはアウトですね。セクハラ以前に、
上司として男として人間として失敗作です。


洋菓子店「東京風月堂」の契約社員の女性に対して、
配属先の男性店長にセクハラ発言を繰り返され、
精神的苦痛を受けたとして、
650万円の損害賠償を求めた控訴の
控訴審判決がでました。

1審では、雑談の域を超えないとされた判決を変更し、
同社に170万円の支払いを命じたとの事です。

で、冒頭の台詞が、男性店長が女性に発していた発言です。


上司と部下、しかも契約社員なら、圧倒的な立場差があり、
その関係に甘んじた幼稚な男性上司が、
女性の許容範囲内を図れず調子に乗った悪例です。

「触らなきゃ大丈夫」的な考えもあったのではないでしょうか?


たとえば、ごく親しい友人の間柄なら、
この程度の会話はいくらでもありますし、
嫌なら、その関係を断ち切る事は容易です。

しかし、相手が上司なら、不満や嫌悪感を
明確にする事が出来ないのが常ですから、
我慢の限界を超えさせた時点で、
裁判まで発展させてしまい、
結局、上司は人生最大級の恥をかく始末。

ちょっとだけ自分と相手の立場に気遣うだけで
防げた事態なのに、お馬鹿ですね。



洋菓子店「東京風月堂」の契約社員だった女性が、
配属先の店舗の男性店長に
セクハラ発言を繰り返され精神的苦痛を受けたとして、
同社に約650万円の損害賠償を求めた訴訟の
控訴審判決が10日、東京高裁であったとの事。


「昨夜遊び過ぎたんじゃ…」はセクハラ 女性が逆転勝訴
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080910-00000938-san-soci


posted by はやり者。 at 23:48 | 流行りの話題NEWS!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。