ゲームが値上がりしたら・・・

1箱1,000円とも500円とも言われている、
たばこへの増税。

増税そのものは最早決定事項とも言える状況で、
愛煙家も嫌煙家も、増税の額に注目しています。


仮に1箱1,000円になってしまうと、
さすがに煙草から離れてしまう愛煙家も多いと予想され、
場合によっては、返って減収になり得る事が危惧されています。

しかしこれに真っ向からの反論を
厚生労働省研究班が発表しました。

なんでも、増税直後は最大1.9兆円の減収が見込まれるが、

「1年後には多くが禁煙から脱落する。減収はあり得ない」

として、増収が確実だとの理論です。


統計的な喫煙者の心理や煙草への依存を
念頭においた考え方なんでしょうが、
さて、現役喫煙家の方々としてはいかがでしょうか。

たとえば、現状の300円前後の煙草を禁煙するのなら、
値段の安さに意思が敗退する事も充分現実的ですが、

1,000円ともなれば、さすがに話は別です。
禁煙の意思が金額に負けてしまう可能性は極端に低まりますし、
何よりも、経済的に購入が不可能になる人も多いでしょう。


厚生労働省研究班と今回の税収を試算した
京都大大学院の依田高典教授の

「1年後には多くが禁煙から脱落する。減収はあり得ない」

の見解は、明らかにタバコを吸っていない人の
楽観的かつ、増税を実現する為の理屈に聞こえます。

むしろ、こういう思惑が厚生労働省にあるのなら、
増税の名目のひとつとされていた、

"健康促進"も、取ってつけた名目だったって事ですね。


さて、この後怖いのは、禁煙者が続出、継続した際、
政府としての税収増が達成できなかった場合、

今度は、タバコよりも一般的な嗜好品に、
増税が飛び火する可能性が高いです。

ゲームソフト・・・音楽CD・・・本・・・などなど。

今は嫌煙家の人達は歓迎ムードでしょうが、
自分達の嗜好品に手を出された時、
どんな態度で増税を迎えるのでしょうか?



たばこが1箱1000円に値上がりした場合、
今後9年で計9兆円の税収増が見込めるとの
新たな試算を17日、厚生労働省研究班
(主任研究者・高橋裕子奈良女子大教授)が公表したとの事。


税収「9年で9兆円増」試算=たばこ千円、減収に反論・厚労省研究班
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080917-00000128-jij-soci


posted by はやり者。 at 09:28 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。