犯人は誰だ・・・

福岡県の公園で男の子が遺体で発見された事件は、
母親が犯人であったというやりきれない結末となりました。

幼い子供達が犠牲になる犯罪が
後を絶たない事実を証明するかのように、

今度は千葉県の道路脇に、
まるで捨てられているかのように、
女児が遺体で発見されました。

女児は全裸で放置されていて、
その衣服は100mほど離れた駐車場にて
ポリ袋に詰め込まれた格好で見つかっており、
変質者の犯行を匂わせているのが現状です。


遺体が発見される2時間ほど前に、
母親の勤務する病院へ一人で向かう
女児の姿が目撃されており、

事件発生から遺体発見までの時間が短いのが、
犯人特定の鍵になりそうなのですが、

問題はそこではなくて、
事件の現場となった千葉県東金市は、
つい最近、現在も未解決の殺人事件が起きていたり、
変質者の目撃情報が数多く確認されていたそうで、

どう好意的に解釈しても、
決して治安の良い地域ではなかったはずなんです。


正確な家族構成の情報は入ってきていないのですが、
女児の家庭は、おそらくは母子家庭か、それに近い状況。

母親の仕事も病院勤めで忙しい現状があったでしょうが、
あと少し、ほんのあと少しだけ、不測の事態に備えていれば、
起こる事もなかったかもしれない殺人事件。

「うちの子に限って」の感覚だったなんて
無慈悲な言い方は出来ません。

だから、せめて言える言葉が、
あと少し、ほんの少しだけの危機感があれば・・・。


posted by はやり者。 at 14:13 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。