瀬戸内寂聴がケータイ小説

瀬戸内寂聴さんの肩書きは尼僧で間違いないと思いますが、
作家としての瀬戸内さんの方が私にとっては印象的です。

と言っても、瀬戸内作では、「夏の終わり」だとか
「場所」くらいしか読んでいないので、
それほど詳しく語れる訳ではありませんけどね。


情感豊かな表現で溢れた小説も魅力的ですが、
尼僧となって以降の活動も精力的で、

死刑廃止、脳死による臓器移植への反対、
湾岸戦争時の停戦を祈っての断食や、
同時多発テロの報復攻撃への抗議活動など、

賛否両論の中に持論を以ってして飛び込む姿勢は、
"命"というテーマを自身の中で確立しているからこそ
なせる行動なのでしょう。


そんな86歳にもなる瀬戸内寂聴さんが、
新たな活動を始めたそうです。

それは意外も意外、なんとケータイ小説。

しかも、正体を隠すかのように「ぱーぷる」というペンネームで
こっそり投稿しているそうですから驚きですね。


ケータイ小説の主流は、
恋愛や恋愛に伴うトラブルなどですが、

瀬戸内寂聴さん自身、尼僧になる以前に
激しい恋愛遍歴を経験しているので、
実は適した分野なのかもしれません。

9月24日より書籍化さて販売されているそうなので、
久々に瀬戸内寂聴作品を読んでみようかな。



文化勲章受章作家の瀬戸内寂聴が
ケータイ小説家デビューしていたことが
24日(水)、分かったとの事。


瀬戸内寂聴、86歳にしてケータイ小説家デビューしていた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080924-00000008-oric-ent



posted by はやり者。 at 19:51 | ドラマの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。