ナイスピザ広告

テレビCM、インターネット広告、看板、チラシなど、
広告を行うには、どんな方法にせよ多額のお金が必要です。

逆に言えば、広告主に広告スペースを提供できる側、
つまり、テレビ局、ビルオーナーなどは、
非常に有効な商売だとも言えます。

広告展開が可能な場所を保有していると言う事は、
それだけで大きな資産と言う事ですね。


宅配ピザチェーン「ピザーラ」を傘下におく、
飲食サービス会社「フォーシーズ」は、
振り込め詐欺への注意を喚起する
チラシの配布を行う事を決めたとの事です。

おそらく、ピザ広告チラシの一部に展開すると思われますが、
それを無償て掲載するらしいのです。

利益、利益で動く企業が当たり前の中で、
直接的な利益に繋がらなくい社会貢献をする姿勢は、
無数の企業が見習うべき取組ですね。


ポストに投函されるチラシは捨てがちですが、
ピザを受け取る際に、手渡しでチラシを貰いますから、
広告効果は相当高いと思われます。

社会貢献の先にある企業利益を見据えていてもいいから、
今回のフォーシーズの様な取組みをあらゆる企業が行ったら、
本当に社会が健全になる気がするのは早計でしょうか?


posted by はやり者。 at 15:11 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。