合体するケータイ

「セパレートケータイ」

CEATEC JAPAN 2008でドコモが発表した
端末が二つに分離する新型携帯電話です。

普段は上下を磁力で保持して、通常の電話として利用でき、
切り離せば、電話をしながらWEB操作できたり、

リモコン感覚で、ワンセグのチャンネル操作が出来たり、
多種多様な使い方が出来る最新で、斬新な携帯端末です。

販売そのものが未定なデモンストレーション用とも言うべき
「セパレートケータイ」なのですが、
ユーザーの使用スタイルが確立されれば
実売も遠い未来の話ではないのだとか。

仕事で、電話とWEB操作に追われるビジネスマンにとっては、
強力な武器となること間違いなし!

これは、とても未来的で楽しみですね!!



・・・・・・


いやいやいやいや。


携帯電話の世界市場を見渡しても、
基本コンセプトとして普遍的なのが、
低価格、高機能、操作性。

実売予定が無いとは言え、
利用価値よりは、エンターテイメント性に特化した
おもちゃ携帯電話ともいえるでしょう。

アイディアは面白いものである事は
間違いないのですが、実用性は皆無。

もうこういう目新しさだけで携帯電話を買い換えたくなる程
ユーザーも甘くないですよ。


ま、個人的に欲しい携帯電話とは、
あまりにもコンセプトが逸脱しているので文句も出ましたが、
合コンとかの場で持っていたら人気者間違いなし!

でも、これ以外の利用方法が模索できない私は、
デジタル第一世代に取り残されているのでしょうか?


posted by はやり者。 at 11:32 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。