オリックス、粋な計らい

10月1日、日本プロ野球史上、
最も多くのファンに愛された清原和博選手の
引退試合が行われる日です。

オリックスの大石監督が明言していた通り、
「4番・DH」での先発出場となり、
大石監督の粋な計らいに感謝するばかり。

対戦相手のソフトバンクにとっては
消化試合のひとつである事には変わりありませんが、
ぜひ手を抜かず、打倒清原の気持ちで
全力投球してほしいです。

演出されたホームランはいらない。

全力で振り抜いて、その結果が全打席三振でも
私は充分に満足できます。


2回の先頭打者として満を持して登場した清原選手。

球場の大歓声は、オリックス側だけでなく、
敵であるソフトバンク側からも送られており、
清原和博の存在感を再認識させられます。


全打席の結果を踏まえたうえで
感想を述べても良かったのですが、
どんな結果だったとしても、
今の清原の全てをぶつけた結果でしょうから、
何だっていいんです。

むしろ、彼の最後の試合を見事に演出してくれた
大石監督並びにオリックスへの感謝の気持ちの方が強いです。

クライマックスシリーズにて、オリックスを応援するには
充分過ぎるほどの理由ですね。

だから今の"ありがとう"の気持ちは、
あえて清原ではなく、オリックスへ。

ありがとう、オリックス!



posted by はやり者。 at 14:51 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。