なくならない振込み詐欺。

千葉県の振り込め詐欺被害は、9月末の時点で、
916件にも上るそうで、前年比では373件増。

被害者も学習してほしいなとの思いもありますが、
一番悪いのは詐欺グループですから、
そう強く言えるものでもありません。

振り込め詐欺は一種の催眠術のようなもので、
普段から気をつけていても、
いざ実際の当事者になってしまえば、
結果的に振り込んでしまうケースも多いみたいで
腹立たしくも、奥の深い心理操作を仕掛けてくるようです。


千葉銀行が振り込め詐欺被害を防止する為に、
ATMコーナーで携帯電話の通話が出来ないようにする、
通信機能制限装置を設置するそうです。

振り込め詐欺には確かに効果がありそうですね。

問題は、一般の人が携帯電話で話しながら
ATMを利用する頻度ですが、こちらは問題ないでしょう。

私も一、二度、携帯電話で確認しながらの
ATM操作をした事がありますが、
ケースとしては個人的にも稀な事。


別の問題で、携帯電話に振込口座を記録して
それを見ながら振込を行う事が多く、

振り込め詐欺被害に遭っていると思われないか、
最近はそんな心配をしながらATMを操作しています。


でも、携帯電話を持ちながらATM操作している
おじいちゃんを見かけたなら、
一声掛けてあげるくらいの気持ちがなければ
いけませんよね。

日本人にとって最大の難関。


千葉銀行(本店・千葉市中央区)は、
急増する振り込め詐欺被害を防止する目的で、
本店ATM(現金自動受払機)コーナーに、
携帯電話での通話をできなくする通信機能制限装置を
全国で初めて設置することにし
10日、機材を搬入したとの事。


<振り込め詐欺>防止へ携帯電話を制限 千葉銀のATM
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081010-00000058-mai-soci


posted by はやり者。 at 12:58 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。