拉致被害に進展が?

北朝鮮による拉致事件は、
ここ数年の間、明確な進展はありません。

もちろん、政府としての動きも決して0ではなく、
北朝鮮へ再調査を打診していますが、
結局、"再調査をする"というオウム返しをされているだけ。

成果が出ていない以上、再調査の実態は
存在しないと考えても的外れではないでしょう。

それどころか、国際的な場で"拉致"の二文字をあげれば、
他の事項が進行しない風潮があり、
他国が協力的な発言をしているだけに、
その矛盾には憤りを感じます。


さて、1977年に北朝鮮に拉致された松本京子さんの情報が、
新たに政府に伝えられていたことが分かりました。

北朝鮮を訪れた貿易会社社長が、
その時に会った女性から、

「イナちゃんによろしく」

と伝えられたそうです。

この女性が松本さん本人かは不明ですが、
松本さんが失踪前に勤務していた会社の同僚に、
"稲田さん"という女性が存在しているそうなのです。


何だか、とても胸が痛む言葉です。

自分が松本だと言いたいけど言えない状況で、
振り絞ったSOSの言葉が、

「イナちゃんによろしく」

この"イナちゃん"という人物が、
貿易会社社長との共通の友人ではないと前提すると、
あまりに意味不明な言葉になってしまいますから、
絶対に強いメッセージが込められています。


危険な状況で、命懸けで伝えてきたメッセージを
無駄にしないように、政府には動いて欲しいです。



1977年に北朝鮮に拉致された
鳥取県米子市の会社員松本京子さんに関する情報が
先月、北朝鮮を訪れた貿易会社社長に
伝えられた可能性があることが7日、分かったとの事。


拉致松本さんに新情報=元同僚の呼び名話す?−兄、政府に調査要請へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081107-00000089-jij-soci



posted by はやり者。 at 20:46 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。