バットマン訴えられる?

バットマンシリーズの最新作は、
今年の8月に劇場公開された「ダークナイト」だし、
それ以降の製作発表もされていませんよね?

だとしたら、映画PRの一環ではないと言う事か。


何の話かと言うと、「バットマン」が
訴えられそうなのです。

主演のクリスチャン・ベールさんではなく、
懐かしのマイケル・キートンさんでもなく、
「バットマン」という作品が訴えられそうなのです。

訴訟を起こす意向を明らかにしたのは、
トルコのバトマン市の市長、カルカン氏。

「『バットマン』の製作者はわれわれに通告なく、
われわれの地域の名を利用した」

と言うのが、訴訟理由なのだとか。

カルカン市は財政難なんでしょうか?
それとも、町おこしの一種?


確かにアメリカは難癖つけて、訴訟を起こし、
大金をせしめる悪い文化が根付いています。

でも、それにしたって、
60年以上前から存在する作品シリーズに対して、
無茶苦茶が過ぎるでしょう。

これでバトマン市側が勝訴するのなら、
小浜市なんかも、オバマ氏を訴えたら勝てますかね?


posted by はやり者。 at 21:55 | アニメの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。