“文学少女”と死にたがりの道化

“文学少女”と死にたがりの道化

“文学少女”と死にたがりの道化“文学少女”と死にたがりの道化
野村 美月 竹岡 美穂

エンターブレイン 2006-04-28
売り上げランキング : 20807

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


→ 楽天ブックスで探す



天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され、「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなある日、文芸部に持ち込まれた恋の相談が、思わぬ事件へと繋がって……。野村美月・新味、ビター&ミステリアス・学園コメディ、シリーズ第1弾!



久しぶりに、シリーズ物じゃない新作を読む。
タイトルは、「“文学少女”と死にたがりの道化

なんか変なタイトルだなぁ、と思ったけど、
内容も変だったw


本マニア(ビブリオマニア)といえば、R.O.Dの読子さんがパイオニアなわけですが、その読子さんを超えたね。
この天野遠子先輩はw

本を愛するあまり、本のページを破って食べるという、
とてもシュールな小説だったw

さすが文学少女


内容の方も悪くない。

全体的な雰囲気とは違って、わりとシリアスモード。
伏線もまだまだ残ってるし、シリーズ化決定だね。

今作は「“文学少女”と死にたがりの道化」だったけど、
次はどうなるんだろう?

やっぱ、「文学少女シリーズ」になるだろうか。


最近のライトノベルの中では、ちょい押しの一品かも。

“文学少女”と死にたがりの道化
posted by はやり者。 at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 ライトノベル 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

野村美月『“文学少女”と死にたがりの道化』
Excerpt: ■「元・美少女作家」は男の子!? 野村美月『“文学少女”と死にたがりの道化』の主人公である 「ぼく」こと井上心葉(このは)は、 元・天才覆面美少女作家であった。 この、一見平凡な、 (そ..
Weblog: 今出川通信
Tracked: 2006-07-09 17:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。