ルパン限界説

ルパン限界説

毎年恒例、金曜ロードショールパンスペシャルをみた。

ん〜、やっぱりかなり厳しいなぁ。

声優とも、もう声に力がないし、
クリカンは物まねの域をでないし…。

ドラえもんみたいに、いっそのこと、
大幅なイメージチェンジした方がいいのかもー



話自体もかなりつまらないし、作画も酷い。
なんだ、あの「ファイヤー」とか叫んでる雑魚はw

次元の元相棒もただのハゲだし、
五右衛門はさむいギャグキャラへ。

不二子は、スペシャルじゃヒロイン役ははれないから、
もう毎度毎度足をひっぱるだけのただの間抜けに…


そして、ひとりルパン三世の世界から浮きまくっている、
16歳ボインヒロインw

作画の雰囲気が、一人だけ違いますよーw


ルパンと次元が、たったあれだけでやりあうのもおかしいし、
説得力がないから、全然もりあがらなーいー

「相棒」とかいってんなら、最初からやりあうなw



まぁ、声優さんたちも、もう70歳越えてる人たちだからなぁ。

そう考えれば、十分にすごいことだけど、
やっぱり限界があるね。

主題かもSEAMOの「ルパン・ザ・ファイヤー」にかえて、
声優陣も一斉入れ替えで新生ルパンを!!







…あ、今回の雑魚キャラ「ファイヤー」って、
まさか「ルパン・ザ・ファイヤー」からきたのか?w

ルパン限界説


posted by はやり者。 at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメDVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。