狼と香辛料

狼と香辛料
狼と香辛料狼と香辛料
支倉 凍砂

メディアワークス 2006-02
売り上げランキング : 7180
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

行商人ロレンスは、麦の束に埋もれ馬車の荷台で眠る少女を見つける。少女は狼の耳と尻尾を有した美しい娘で、自らを豊作を司る神ホロと名乗った。「わっちは神と呼ばれていたがよ。わっちゃあホロ以外の何者でもない」老獪な話術を巧みに操るホロに翻弄されるロレンス。しかし彼女が本当に豊穣の狼神なのか半信半疑ながらも、ホロと共に旅をすることを了承した。そんな二人旅に思いがけない儲け話が舞い込んでくる。近い将来、ある銀貨が値上がりするという噂。疑いながらもロレンスはその儲け話に乗るのだが―。第12回電撃小説大賞“銀賞”受賞作。


ライトノベルではめずらしい、経済学がテーマの小説(半分ホント)

一人で町から町へと旅する行商人ロレンスと、
豊穣の神として、長い間人間を見守ってきた狼の化身ホロ。

この二人の旅物語なんだが…


ホロがかーわーいーいー。

というか、見ててかーゆーいーw


んー、なんだこれは、微妙にツンデレに入るのか?w


見た目は少女にしかすぎないくせに、
実際は数百年の時を経て生きるホロ。

そのわがままっぷりに振り回されつつ、
かわいさに負けて許してしまうロレンス。

これがまた絶妙にいいね。


んで、わがままなところとかも、
すべて計算ずくでやっているホロが、
これまたものすごくかわいいわけで、
読んでてついついニヤリとしてしまうわけです。


しゃべり方も、「わっちは…」とか、「ぬしさま…」だしなぁ。

ん〜、うちにも一匹欲しいっすw


このまま二巻へいこう♪

狼と香辛料


posted by はやり者。 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 ライトノベル 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。