終わりのクロニクル1〈上〉

終わりのクロニクル1〈上〉
終わりのクロニクル1〈上〉   電撃文庫 AHEADシリーズ終わりのクロニクル1〈上〉 電撃文庫 AHEADシリーズ
川上 稔

メディアワークス 2003-06
売り上げランキング : 40513
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

かつて世界は、平行して存在する10個の異世界と戦闘を繰り広げていた。概念戦争と呼ばれるその戦争に勝利してから60年。全てが隠蔽され、一般の人々に知られることなく時が過ぎた現在…。高校生の佐山御言は祖父の死後、突然巨大企業IAIより呼び出しを受ける。そして、この世界がマイナス概念の加速により滅びの方向へ進みつつあること。それを防ぐには、各異世界の生き残り達と交渉し、彼らが持つ10個の概念を解放しなければならないことを伝えられる。かくして、佐山は多くの遺恨を残した概念戦争の戦後処理として、最後の闘いに巻き込まれていくが…。川上稔が放つ新シリーズ、遂に始動。


川上稔が描く、AHEADシリーズの開幕編。
ライトノベル界では有名な、極厚シリーズのひとつですなw

燃え・萌え・エロが融合した、
ライトノベルらしいライトノベル。ただしクセが強いw


学園を舞台に、様々な世界観や設定、武器に魔法もどきに亜人・機械。
色んなものが入り乱れて、あれやこれややってくれます。

1stから10thまでの、地球とは異なる10個の異世界(ギア)。

そのギアには、それぞれ独自の概念があり、
その概念によって、各世界ごとの戦闘などが繰り広げられる。

しかも、その10個異世界と、世界中に散らばる神話がリンクしてるので、
神話や伝承系の話が好きな人は、より楽しめるかな?

ちなみに、この一巻では、ニーベルングの指環が元ネタになってます。



ある種、知能戦のような赴きもあるけど、
まぁ、そこは気にせず、ノリを楽しんでいきましょう。

荒を探しても、あんまり楽しくないと思うんでw


全竜交渉(レヴァイアサンロード)、機殻剣(カウリングソード)、
概念戦争、自弦振動などなど。

色んな用語もバリバリでてきて、
ライトノベルファンも楽しめるでしょう。


さとやす氏の絵もかわいいし、
萌え的要素もなかなかですな!

先は長いけど、とりあえず読みすすめていきましょう〜

終わりのクロニクル1〈上〉


posted by はやり者。 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 ライトノベル 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。