セーラー服と機関銃 感想 第3話

セーラー服と機関銃 感想 第3

長澤まさみ主演のテレビドラマ、セーラー服と機関銃を見る。

今週で第三話だったが、こりゃダメか…?


長澤まさみをかわいく撮ろう、という気持ちは伝わってくるが、
そもそもテレビドラマとしての面白さがない。

っていうか、ただの女子高生の長沢まさみが、
なぜ自分の命がかかった状況で、あんな啖呵がきれるのか…

そして、なぜ数・武器的に圧倒的に不利なめだか組みが、
あの状況で勝てるのか…


もうちょい考えようぜ、TBSさん orz


まぁ、長澤まさみのセーラー服姿を楽しむドラマと割り切れば、
見れないものではないんだけどね〜

メガネかわいいしw


posted by はやり者。 at 21:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | セーラー服と機関銃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに!

でも、歌はいいです。
でも、長澤まさみの歌い方はいまいち。
昔の薬師丸ひろ子や
作曲した来生たかおの歌の方がひびきますね。
http://www.youtube.com/watch?v=eWkwIZQC2vE
Posted by アレクサンドリア堀井 at 2006年11月11日 09:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。