涼宮ハルヒの退屈:涼宮ハルヒの憂鬱第3巻

涼宮ハルヒの退屈涼宮ハルヒの憂鬱第3巻

涼宮ハルヒの退屈涼宮ハルヒの退屈
谷川 流 いとう のいぢ

角川書店 2003-12
売り上げランキング : 25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→ 楽天ブックスで探す


涼宮ハルヒの憂鬱第3巻、涼宮ハルヒの退屈

今回は短篇集ってことで、4つの短篇が入っている。


最初にくるのが、標題作である「涼宮ハルヒの退屈」。

えーと、まぁ、ボチボチでんなーw


それよりも、2つめの「笹の葉ラプソディ 」の方がいい。
落ちもなかなか面白いし、何気に、かなり重要な話しだったり…

まぁ、ちょっとSF的に考えた場合、
つっこみどころもあるような気がするけど、そこはスルー。

ハードSFじゃなく、ライトノベルなんで、
あまり堅苦しいことはなしでw


3作目の「ミステリックサイン」も、
しょーもないことが原因だなw

さすがハルヒパワーといったところか。

まぁ、長門さんが活躍するので、問題ありません♪


最後、「孤島症候群」。

涼宮ハルヒシリーズでは初の、ミステリ短篇か。
まぁ、もともとジャンルが曖昧だから、なんでもいいけどw

意外にするどい名探偵、キョン君が大活躍さ。
あと、ある意味長門の特徴もよく出てる。

ゲストキャラもいい味出してるんで、まずまずだね!


ちなみに、一応、「涼宮ハルヒの憂鬱」自体は、
SF系に入るんだろうか…?


まぁ、SFというよりも、むしろファンタジーだけどw

涼宮ハルヒ系ってことにしておこうw

涼宮ハルヒの憂鬱グッズ紹介サイト

涼宮ハルヒの退屈涼宮ハルヒの憂鬱第3巻
posted by はやり者。 at 22:14 | Comment(2) | TrackBack(1) | 涼宮ハルヒの憂鬱 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涼宮ハルヒの溜息:涼宮ハルヒの憂鬱第2巻

涼宮ハルヒの溜息涼宮ハルヒの憂鬱第2巻

涼宮ハルヒの溜息涼宮ハルヒの溜息
谷川 流 いとう のいぢ

角川書店 2003-09
売り上げランキング : 19
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

→ 楽天ブックスで探す


涼宮ハルヒの憂鬱の続編、第2巻目にあたる涼宮ハルヒの溜息

前作のラストで、なんとか元の世界(?)に戻ってきたキョンハルヒ
今回もまた、ハルヒのわがままに振り回されてエライ目にあいます。

主にキョンとみくるが。特にみくるw


今回は涼宮ハルヒ超監督の指示の元、学園祭で上映する映画を作製する話し。

ぶっちゃけ、話し自体はたいして面白くないんだけど、
そこかしこに、今後の伏線と思われるセリフが…


特に長門さんが、大活躍っ!!

あとしゃみせんw


小説の全体的なテーマとして、涼宮ハルヒを退屈にさせない(あるいは憂鬱にさせない)という目的がある。

理由は、ハルヒが退屈すると、世界がやばいからw

ってことで、次巻は「涼宮ハルヒの退屈」ってタイトルだったりするし、一巻のタイトルは「涼宮ハルヒの憂鬱」だったりするわけです。



…んが、今回溜息をつきまくったのは、
間違いなくハルヒじゃなくて、みくるの方でしょうw

おつかれ。


ああ、あと今後重要キャラになってくる鶴屋先輩もでてくるので、そこ見逃さないように注意。


それから、この巻で撮影される映画の部分が、
実はTVアニメ版涼宮ハルヒの憂鬱」の第一話になってたりもします。



つか、あれ。


原作知らずにいきなり見た人は、
間違いなく速攻でチャンネル変えただろうなぁ(笑)

涼宮ハルヒの憂鬱グッズ紹介サイト

涼宮ハルヒの溜息涼宮ハルヒの憂鬱第2巻
posted by はやり者。 at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 涼宮ハルヒの憂鬱 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涼宮ハルヒの憂鬱 小説一巻

涼宮ハルヒの憂鬱 小説一巻

涼宮ハルヒの憂鬱涼宮ハルヒの憂鬱
谷川 流 いとう のいぢ

角川書店 2003-06
売り上げランキング : 52
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


涼宮ハルヒの憂鬱

今巷で大人気のライトノベルらしい。
名前は知ってたけど、まだ読んでなかったので、ちょっと読んでみた。

涼宮ハルヒの憂鬱」というタイトルからは、まったく内容が想像できなかったが、なんとなく学園コメディを予想していた。

もちろん、それはある意味では当たっていたんだけど…



…まさか、SF物だったとは


これは予想外だなぁ。


涼宮ハルヒを中心に、未来人・宇宙人・超能力者と、
絵に描いたような不思議系登場人物がもりだくさんw

やたら薀蓄っぽいことも書いてあるし、
かなり当初の予定とは違ったかも。


主役の涼宮ハルヒのキャラがちょっとウザい感はあるけど、
思ったよりも楽しめた。



アニメ版・涼宮ハルヒの憂鬱もかなりのレベルらしい。

主題歌の「ハレ晴レユカイ」とやらも、CDTVで5位とのこと。


むう、これはもっと早くに読んでおくべきだったか!!


  涼宮ハルヒの憂鬱グッズ紹介サイト


「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」。入学早々、ぶっ飛んだ挨拶をかましてくれた涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし…と誰でも思うよな。俺も思ったよ。だけどハルヒは心の底から真剣だったんだ。それに気づいたときには俺の日常は、もうすでに超常になっていた―。第8回スニーカー大賞大賞受賞作。


涼宮ハルヒの憂鬱 小説一巻
posted by はやり者。 at 21:15 | Comment(2) | TrackBack(1) | 涼宮ハルヒの憂鬱 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。